ユーグレナ ヘルスケア・ラボはユーグレナ及び各種素材の健康機能情報や最新の研究成果について情報発信するサイトです

いまこそ、5億年以上を生き抜く力を。
今こそ免疫力に注目!免疫力をたかめよう














ご注意!
●商品の納期について
ご注文を受けてより職人が一丁ずつ手造りするため、発送まで1ヶ月程お時間がかかる場合がございます。
ご注文の数量が多い場合は1ヶ月以上のお時間をいただく場合もございます。
日付指定はお受けできません。予めご了承のうえ、ご注文くださいますようお願いいたします。

●代金引換不可
代金引換はご利用できません。
ご注文時にはその他のお支払い方法をお選びくださいますようお願いいたします。

●ご注文後のキャンセル不可
受注生産のため、「受け取り拒否」「商品発送後のキャンセル」「ご注文間違い」など、お客様のご都合による(商品の破損・汚損以外)キャンセルや、返品・交換に関しましてはお断りをさせていただいております。

≪ 製品仕様 ≫
商品名金次郎 牛刀210mm (紙箱入り)
サイズ刃渡り210mm
材質・仕様刃身:ステンレス・安来鋼白紙2号・槌目
柄:栗八角水牛柄
刃付:両刃
 ※左右どちらの手でも使えます。
用途:肉・野菜切り
注意事項モニターの発色の具合によって実際のものと色が多少異なる場合がございます。ご了承ください。
使用上の注意●本製品は調理を目的としているため、調理以外には使用しないで下さい。
●お取り扱いと保管には十分にご注意下さい。
●氷状の冷凍食品・骨切り等にはご使用にならないで下さい。
刃が欠ける原因になりますので、専用の包丁をご使用ください。




■金属製品製造業の盛んな町として知られる新潟県三条市の鍛冶職人の手仕事による手造り包丁。丹念に鍛え抜かれた包丁・金次郎の切れ味をぜひ確かめてみてください。

■牛刀は、肉・魚などの薄切りに最適。刃先での小細工がしやすいため、野菜のカットにもお使いいただけます。
『両刃』は、両側から刃がついていることから食材にまっすぐ刃が入り、初心者の方でも使いやすいのが特徴です。

■安来鋼白紙2号をステンレスで挟み込み鍛え上げることで、切れ味や研ぎやすさはそのままに、錆びにくさを考慮した鍛冶職人の思いが詰まった逸品です。
刀身の表面に打ち込まれた槌目模様の凹凸は、手造りの味わい深さを感じさせる非常に美しい仕上げです。
また、切ったものが包丁につきにくいという実用性も兼ね備えています。
狂いのない鋭い切れ味の包丁にするためには、凹凸を作る際に生じた包丁の歪みを何度も修正し、大変な手間と時間をかけ職人の熟練の技によって仕上げられています。

■安来鋼白紙2号は、手打ちの仕事による鍛錬と熱処理によって切れ味が良く研ぎやすい刃物になる上質な素材です。
白紙は焼き入れがとくに難しく、高品質な白紙製包丁はトップレベルの鍛冶職人にしか造れません。

■見た目にも非常に美しい栗八角水牛柄を採用。焼き栗の柄は、手に馴染みやすく濡れた時にも滑りにくいのです。
桂(かづら)は高級な水牛の角が使われており、使い続けるほどに手に馴染んでくれます。

■新潟の三条鍛冶職人が、すべての工程を手作業で、一丁一丁丹念に鍛造し手造りで仕上げています。
一丁ずつ重さや形・仕上がりが微妙に異なる場合がありますが、世界で二つとない、唯一無二の逸品である証です。

■包丁の切れ味は、お料理の出来栄えだけでなく味にも影響してしまいます。切れ味が悪いと食材の繊維をつぶしてしまい、鮮度が低下してしまうのです。
良い包丁というのは、ストレスがなく疲れにくいのはもちろんのこと、食材本来の美味しさをぐんと引き立ててくれます。

■包丁の贈り物は、『新たな世界を切り開く』『悪いものを断ち切る』と言われ、実は縁起がいいとされています。
上質な包丁は、ワンランク上のギフトとして老若男女に喜ばれる贈り物です。

■研ぎ直しのアフターサービスが受けられます。(※有償のサービスです。)
製造元の職人の手による研ぎ直しサービスが受けられるので、ご購入後も安心!ご自身での研ぎ直しが不安な方は、ぜひご利用ください!まるで新品のような切れ味が回復し、末永くお使いいただけます。
その他に、刃こぼれなどの修理も有償にて承っておりますので、ぜひご相談ください。

新着記事

よく読まれている記事

健康コラム

一覧を見る

研究レポート

一覧を見る

お知らせ

  1. 2021.10.22

    微細藻類ユーグレナの継続的な摂取により、腸内フローラの多様性が高まり睡眠の質が向上することを示唆する研究結果を確認しました

    詳細はこちら>
  2. 2021.09.28

    佐賀市における研究成果報告会を実施しました
    佐賀市長および佐賀市上下水道局長に、佐賀市における当社の研究成果報告会を実施しました。2015年度の国土交通省の「下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)」から、今年開設した資源循環型農業の研究用地「サステナブルテック・ファーム」まで幅広い活動を報告しました。また当日は、研究のお手伝いをしている佐賀県立致遠館高等学校の生徒による微細藻類ユーグレナに関する研究発表もありました

  3. 2021.09.03

    ユーグレナ社とジーンクエスト社、東北大学病院総合感染症科と共同で新型コロナワクチンの副反応と遺伝的背景の研究を開始

    詳細はこちら>
お知らせ一覧を見る